犬用サプリ

意外と知られていない事実。犬の目は紫外線を防げないんです。

[vkExUnit_ad area=before]

今回は犬の目についてお話します。

あなたの大切な愛犬がまぶしそうな顔をしていることはありませんでしょうか??

犬は人間と違い、犬の目は水晶体で紫外線を防ぐことができません。そのため、目の消耗が人間よりも大きいのです。白内障には遺伝的な要因と加齢と共にさまざまなことが原因で起きるものがあります。
遺伝的に白内障の症状がみられない場合でも、高齢と共に白内障にかかるリスクは高まります
もちろん、白内障だけでなく、結膜炎やブドウ膜炎、角膜炎、目瞼炎、縁内障等、犬が加齢と共にかかるリスクが高い目の病気はたくさんあります。
正直なところ、完全に白内障を予防することは難しいのが現状です。

しかし、今回は白内障になるリスクを下げる対策についてお話していきます。

白内障とは?

 

 

白内障は目の水晶体が白く濁る病気で、白内障になると、視力の低下を起こすだけではなく、ブドウ膜炎や角膜炎、縁内障等さまざまな合併症を引き起こします。

白内障には先天性と後天性の2種類の白内障があり、先天性は遺伝によるもの、後天性は外傷性、加齢性、内分泌性、中毒性によるものだといわれています。

先天性に関しては、すぐにかかりつけの獣医に相談してください。早めの治療が鍵となります。
後天性の場合は、飼い主側がしっかりと努力をすることで発症のリスク少しでもをさげることができるかもしれません。

また、糖尿病や目の他の病気により、白内障を引き起こすこともあります
白内障になれば、外科的治療、つまり手術して、人口レンズを入れ、視力を回復させるような方法と、点眼薬で進行を遅らせたり、飲み薬等の内科的治療のがあります。
症状の進行具合や、白内障の種類によって治療方法は異なるので、かかりつけの獣医さんにご相談ください。

 

白内障になりやすい犬種

・トイプードル
・コッカ―スパニエㇽ
・ビーグル
・ボストンテリア
・ゴールデンレトリバー
・シベリアンハスキー
・ミニチュアシュナウザー
・ダックスフンド
・ビションフリーゼ

小型犬~大型犬問わず、さまざまな犬種が白内障にかかるリスクがあるとされています。

 

対策はどうすればよいの?

 

・犬用のサングラスをしてあげる     (紫外線予防)
サプリ等で栄養素を補給してあげる   (目の網膜や脳に含まれているDHAを補給)
・目を清潔に保つ            (目の誇りや目やにに注意)
・目を傷つけそうな物の配置を変える   (少しの傷が外的要因になります。)



 

まとめ

今回は犬の白内障についてお話しました。
結論、少しでも、物にぶつかったり、歩けなくなったりのような症状が出た場合は早急にかかりつけの獣医さんにご相談してください。
そして、目をケアする面でも食事管理やサプリやサングラス等は重要な手段になると思いますので、常日頃から愛犬にのケアを徹底しましょう。



 

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
berablog
犬、猫を愛してやまない管理人です(^^)/ 愛犬や愛猫が元気で幸せにいれるような情報をお届けいたします(^-^)
PAGE TOP