ドッグ運動

そのサインは危険!!愛犬が訴える運動不足……改善策までお教えします

[vkExUnit_ad area=before]

あれ?うちの愛犬ちゃんは散歩したら、こんなに息切らしてたっけ?こんなに自分の毛を舐めていたっけ?最近すごいくるくる回ってない?

上記全て運動不足が原因である可能性が高いです。放置しておくと、さまざまな病気のリスクも高くなるので、早めにサインを感じ取って、運動不足を解消しましょう。

この記事では、運動不足のサイン、運動不足の解消方法についてご案内いたします。

サイン1 過度な息切れ

犬は気温や環境に敏感な動物なので、もちろん多少の息切れは運動不足ではなくてもします。
ただ、散歩中、息切れによって座り込んでしまったりや適温の室内で息切れを起こしている場合、運動不足の可能性が高いです。
また、息切れはさまざまな病気から起こってることもありますが、運動不足から肥満体系になり、脂肪が器官を圧迫している可能性が高いです。
頻繁に愛犬の様子を見ておきましょう。

フードでの肥満解消は↓がおすすめです。
食事管理が必要な愛犬のためのペロリコドッグフード ライト

サイン2 頻繁な毛繕い

頻繁な毛繕いも危険なサインです。犬は運動がストレス発散の役割をしていることが考えられています。
頻繁な毛繕いは自分を傷つけてストレスを解消している場合があります。つまり、ストレス発散の役割をしている運動が不足しているのです。
犬は動物の中でも特にストレスを感じやすい動物なので、注意してこのサインを見ましょう。

サイン3 ズーミ―の様子

ーミ―とは犬が突発的に興奮しだしたり、その場をくるくるまわるような事を言います。
一度は、愛犬がしているところを見たことがあるんではないでしょうか?
このズーミ―は所謂、退屈でつまらないときにストレス発散でする行動の可能性が高いとされています。
定期的に刺激的に感じるようなことをさせてあげましょう。

解決策1 定期的な散歩

言うまでもありませんよね!定期的な散歩は必須です。
しっかりとしたルーティーンで散歩してあげることも大切です。(例:毎朝7時散歩、毎晩6時散歩)
目安ですが、大型犬になればなるほど、時間を要します。

小型犬:1日10分を2回
中型犬:1日15分を2回
大型犬:1日25分を2回

※犬の状況にもよりますので一概には言えません。

解決策2 室内でおもちゃやグッズを使用

なかなか頻繁に散歩に行けない事情や梅雨の時期等はこういったおもちゃを使ってストレス発散させてあげましょう。
こういった紐等で遊んであげることが一番のストレス解消になる遊びかもしれません。ボールやクッション等もありますが、紐をおすすめします。
紐であれば、飼い主が常に目をやり、力加減をしっかりとしてあげることができるからです。ボールやクッションだと与えっぱなしになり、違うトラブルを招いてしまします。例えば歯が欠けてしまったり、折れたりすることもあります。
だからこそ、飼い主なしではできない紐で遊んであげましょう。

 

解決策3 ドッグランや公園の活用

ドッグランや公園を活用して、週1回ストレス発散してあげても良いと思います。
週1回、ドッグランや公園で遊ばせておくことは運動不足解消の1つになるでしょう。
ただ、公共の場ではありますので、他の犬との触れ合いや人間への接触等いろいろと気を付けましょう。

解決策4 ドッグスポーツ

最近よく耳にするドッグスポーツ!!
運動不足解消以外にも飼い主と愛犬のよりよい関係性の構築を築くことや他の犬との触れ合い等さまざまなメリットがありそうですね。
一緒に生きていく中で、共通の楽しみができること。これは互いにとって多大な幸福感をもたらせてくれます。
一度、どんなものか愛犬と一緒に行ってみましょう。

まとめ

今回は運動不足による危険サイン、その解決策をご紹介いたしました。
大切な愛犬にすこしでも長生きして幸せになってもらいたいですよね。
愛犬が発するサインをしっかりと読み取って、対応してあげましょう。
一つ一つの行動の積み重ねにより、愛犬はあなたの愛情をとても強く感じるでしょう。

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
berablog
犬、猫を愛してやまない管理人です(^^)/ 愛犬や愛猫が元気で幸せにいれるような情報をお届けいたします(^-^)
PAGE TOP